女性必見!シェアハウスに住むメリットとデメリットを比較

色んな人に出会えるシェアハウスは楽しそうなイメージもありますが、実際のところはどうなのでしょうか。
ここでは、女性がシェアハウスを利用するメリットとデメリットをご紹介します。これから、シェアハウスに住もうと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

誰かがいるという安心感が得られる

女性の一人暮らしは、特に防犯面で不安を感じることが多いのではないでしょうか。その点、シェアハウスなら一緒に暮らすシェアメイトが必ずいるので、一人ではないという安心感があります。
真っ暗な家に帰るよりも、部屋に明かりがついている方が何だかほっとしますよね。共有スペースでのちょっとした挨拶や会話のやりとりも、時には心の支えになるでしょう。
また、家に誰もいない時間が一人暮らしに比べて少ないので、空き巣などの犯罪防止にも繋がります。

生活費の節約になる

シェアハウスに住むことで、金銭的なメリットも得られます。まず、生活をするのに必要な家具や家電があらかじめ備え付けられているので、初期費用を大幅に抑えられます。また、月々の家賃や光熱費はシェアメイトと折半するのが基本ですから、一人暮らしをするよりも生活費を節約できます。
そして、引越しをするのもとても簡単です。最低限の生活用品と洋服さえあれば、シェアハウスでの新生活を始めることは十分可能と言えます。 共有スペースは譲り合う シェアハウスによっても異なりますが、基本的にキッチン・リビング・浴室・トイレなどは共有スペースになります。
他の人が使うことも考えて、非常識な使い方をしないように気をつけたいものです。また、自分が使いたいと思ったタイミングで他の人が使っているというケースも多々あります。シェアハウスあるあると言えるでしょう。
自分と生活リズムが似ているシェアメイトがいる場合はこのタイミングがかぶりがちで、不自由に感じることが多いかもしれません。タイミングを少しずらすといった工夫が必要でしょう。

プライベートが確保しにくい

共同生活をするからには、プライベートの時間と空間が減ってしまうのは仕方がないことです。共有スペースとは別に自分の部屋があるとはいえ、ある程度の生活パターンは筒抜けになります。
何時頃に出かけて、どんな食生活で休日はどう過ごしているのかなどなんとなくお互いに把握できてしまいます。この常に誰かに見られているような心からは寛げない環境がシェアハウスのデメリットとも言えるでしょう。
一人暮らしの場合は休日にだらしない格好でウロウロしていても誰からも非難されません。しかし、シェアハウスではそれなりに身だしなみにも気を遣う必要があります。このほどよい緊張感により、怠惰な生活を予防するという意味ではメリットとも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です