シェアハウスは良いことばかりではない!シェアハウスのデメリットを中心に解説

住む場所としてシェアハウスを候補に考えている方もいるのではないでしょうか。
メリットに魅力を感じている方も多いですが、良いことばかりではなくデメリットがあることも知った上で利用するかどうか検討していきましょう。

他人との暮らしは負担が大きいことも

家族や友人など気心の知れた相手との同居であれば、それほど大きな負担になることは少ないかもしれません。
しかし、不特定の人達との同居となると相手についてよく知らないという事もあり、知らない人とプライベートな空間を共有するということが暮らしの負担感へとつながっていくことがあります。
部屋は別々でもキッチンやバストイレなどは共有になっていることも多いので、そういった部分が自分の自由に使えないという点や気を遣わなければならないという点で、暮らしの中で制限を感じてしまうことも考えられます。
リラックスしたい自宅でリラックスできないということが心の負担となってしまう可能性もありますから、こうした負担があることもわかった上で利用を検討しましょう。

生活リズムが異なると問題が生じやすい

様々な仕事を持っている方がシェアハウスを利用するということは、仕事の時間や生活のリズムが大きく異なるという事も起こります。それが元で不満を感じたり、トラブルになったりすることは案外多いものです。
ゆっくり休みたいときに他の人が帰宅して大きな音を立てて眠れないという事も起こりますし、もちろんその逆も考えられます。気を遣うという点が暮らしにくさにつながってしまうこともあるでしょう。
学生向けなどある程度生活リズムが似ている人を集めたシェアハウスならこうした問題は起きにくいと言えますが、色々な方が入居されるような場合にはこうした問題はより発生しやすくなります。一つの家の中ですから、声や物音が大きく響きやすいのは仕方がないことではあります。ですが、こうしたことを気にして生活したくないという方には大きなデメリットと言えるでしょう。

ルールを守らない人がいる可能性も

入居に際しての条件が特にないタイプのシェアハウスでは、どのような方が入居するかわかりません。中にはルールを守れない方がいることも考えられます。一つの家を共有するのですから、掃除や使い方など様々なルールが必要になりますが、守らない人が出てくると生活がうまく回らないという事も起こりやすくなってくるでしょう。
盗み癖がある方や物の共有への意識が薄い方などがいる可能性もありますから、重要なものはしっかり管理するなどの自衛が必要になるという事も意識しておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です