宅配クリーニングを探すならこのサイトで!色々比較してくれます!

みんさんは、スーツとかコートとか、洗濯機では洗うことができない服を洗いたい時、ちゃんとクリーニングに出していますか?
毎日着るようなスーツには汚れが溜まりやすいのは言うまでもありませんが、そんな服をきちんと定期的にクリーニングに出すのって、実はとても難しいと思うんです。

私もクリーニング店に足を運ぶ習慣がつかないうちの一人で、ついつい後回しにしてしまうことが多かったのですが、最近知った宅配クリーニングを利用することで、快適な生活を送れるようになりました。

宅配クリーニングとは文字通り、服を業者に送ればクリーニングされて帰ってくるというもので、ズボラな私にはこの上ないサービスでした。
もし興味がある人は、このサイトから探すと、自分にあった業者はどこか知れますよ!ちなみに私のオススメはカジタクさんです。

他にもハウスクリーニングや家事代行といったサービスをやっている業者さんを比較するサイトも見つけましたので、是非是非確認して見てください!

それにしても、世の中には便利なサービスがたくさんありますね。今後さらに便利なサービスを見つけたら、積極的に使っていこうと思いますので、皆さんもたまには是非のぞいていってください!

ルームシェアの掃除や食事はどうしてる?よくある3つの疑問を解説

にぎやかで楽しそうなイメージのあるルームシェアですが、実はちょっとした不満がたまってトラブルが起こることもよくあります。せっかく引っ越すのであれば、同居人とも仲良く暮らしたいですよね。
本記事では、掃除や食事の分担などをはじめとしたよくある疑問についてまとめました。トラブルを事前に防いで、楽しいルームシェア生活にしましょう。

プライベートスペースと共有スペースの明確化

ルームシェアでストレスになりがちなのがプライバシーの確保です。仕事で疲れているときや作業に集中したいときなど、他人の目を気にせずに過ごせるスペースが欲しいですよね。
洋服や本など人によって荷物の量も違うため、自分が好きなようにレイアウトできるプライベートスペースは大切です。もしプライベートスペースがまったくない場合、いつでも相手が干渉してくる可能性があるので、ストレスがたまりやすくなります。
自分と同居人のプライバシーを尊重するためにも、プライベートスペースと共有スペースを明確にし、お互いに干渉しない環境を作るようにしましょう。

掃除や食事といった家事は分業や当番制が一般的

ルームシェアでは家の設備や場所を共有するのでお互いに気持ちよく生活できるよう、家事に関するルール決めをすることが大切です。
特に掃除や食事は人によって当たり前のレベルが違うため、お互いが納得できるレベルですり合わせるようにしましょう。分業や当番制にするときはトイレ掃除とフロ掃除、ゴミ出しは振り分け、食事や洗濯は各々で必要なときに行うというようにしているケースが多いようです。
ただし、深夜のキッチン作業や洗濯は騒音になりかねないので、必要に応じて「夜10時から朝7時までは使用しない」といったルールを決めると良いでしょう。

家賃や生活費はあらかじめルールを決める

ルームシェアでよくあるトラブルのひとつが、金銭トラブルです。ルームシェアでは家賃だけでなく、光熱費や日用品費といった生活費もシェアします。家賃は毎月の金額が決まっていますが、光熱費と日用品費は月によって変動があります。どのようにお互い負担していくのか、ルームシェアを始める段階でしっかりと決めた方がトラブルは避けられます。
家賃や光熱費は口座引き落としなどで口座に記録が残りますが、食費や日用品費は持ち出しになることが多いです。使い道がしっかりと分かるように、レシートや領収書を取って置くようにしましょう。
また、生活資金ギリギリで暮らしている人など、人によっては家賃を滞納しがちなこともあります。なるべくルームシェアする同居人は資金に余裕がある人を選んだり、家賃を滞納したときのルールを決めたりしてトラブルを未然に防ぐようにしましょう。
ルールを作っても守ってくれなさそうな相手であれば、はっきりとルームシェアを断るのも大切です。

シェアハウス探しはこのサイトで決まり!最もお勧めなのはコレ

日本でも大きな広がりを見せているシェアハウスですが、お気に入りのシェアハウスを探すための検索サイトへの注目も高まっています。
数ある検索サイトの中でも、自分の希望する物件を探すにはどのサイトが最適なのか悩む人も多いはずです。こちらではお勧めの紹介サイトについてご紹介します。

情報量の多さで選ぶならSHARE PARADE

初めてシェアハウスを探す人にお勧めなのが、「SHARE PARADE」です。SHARE PARADEがお勧めな理由は、なんといっても情報量の多さです。自らナンバーワンの情報量と謳っていることもあり、利用者の使いやすさを考慮した取り組みが随所に施されています。
ペット可能や楽器演奏自由などのコンセプト物件の充実度合いも目立ちます。犬や猫を飼いたいと希望する場合や夜に楽器練習がしたいなどの希望を持つ人にはピッタリと言えるでしょう。また、ただ単に情報を羅列するのではなく、物件にまつわるエピソードや豆知識、体験談なども掲載されているため、見どころ満載です。
シェアハウスを決める上でもカギを握ることになるセキュリティー対策のチェック項目が記載されているのも見逃せないポイントです。

条件別に探したいならシェア生活.com

こだわりのシェアハウスを探す人にお勧めしたいのが、「シェア生活.com」です。こちらも抱える情報量の多さには定評があります。シェア生活.comが好まれる理由は、条件ごとの検索がしやすい点と言えます。
エリアや通勤・通学時間、女性専用などの条件別にお勧めの物件を探すことができます。面倒くさがりな人や要領よく物件探しがしたいという人には、申し分ないサービスとなっています。もちろん、フリーワードでの検索もできますし、入居者にとっては最大の関心事ともなる賃料順の並べ替えも可能です。
また、カーシェアリング可能などの少し珍しい物件もあります。自分で車は持っていないけど、たまに運転したい方には嬉しいサービスでしょう。

タイムリーな情報提供が自慢

数あるシェアハウス検索サイトの中でも最も使いやすいとして注目されているのが、「ゲストハウスバンク」です。男女ともに支持されていますが、とりわけ女性からの人気は上々と言えるでしょう。
ゲストハウスバンクでは、紹介する物件の空き状況などもタイムリーにわかるというサービスを実施しています。これは「直ぐに入りたい」という希望者にとっては嬉しい情報です。
出入りが激しいシェアハウスでは空室が出ても直ぐに埋まってしまうことは往々にしてあるものです。この点からも顧客満足に向けてのサービスへのこだわりが伺えます。加えて、部屋が和室か洋室などの違いや同居人数なども一目でわかるような検索機能、保証人の有無なども簡単にチェック可能という使いやすさが好評です。

シェアハウスの物件の見極めや持ち物の内訳

快適なシェアハウス生活を送るためには、物件選びで失敗しないことが大切です。どのようなポイントをチェックすれば良いのかを予め知っておくようにしましょう。
そして、いざ入居する際の持ち物についての考え方も解説していきます。

優先順位を整理しておく

どのようなシェアハウスを選ぶと良いかは人によって異なります。家賃などのコスト面、立地、設備など大事にしたい部分はそれぞれありますが、まずは優先順位をきちんと整理しておくようにしましょう。
全てがパーフェクトな物件と出会うことはなかなか難しく、ある程度の妥協が求められることもあります。しかし、自分が一番重視したい部分さえ叶えられていれば、満足度もそれなりに高まるはずです。
希望を曖昧にしたままで選ぶと失敗しやすくなりますので注意が必要です。

ルールの内容をチェック

シェアハウスは複数人の住人が共同で住む物件ですが、それゆえにお互いが快適に暮らすためのルールが設けられていることがあります。
例えば、住人同士の挨拶は必須、騒音の観点から夜遅くの入浴は禁止、友人などを呼ぶ際には事前報告が必要など通常の一人暮らしにはないルールを守らなければなりません。利用者の快適性を考えた上での決まり事でもあるため、厳しくルールが設定されていた方が良いこともありますが、自由度が少なくストレスに感じることも考えられます。
自分はきっちり守って生活できそうか、よく詳細を確認して判断することが大切です。

見学で実際の雰囲気を見ておく

気になる物件があっても即契約はしないように気を付けましょう。実際に物件を見なければ分からないこともあります。
家電家具のランクや共用部の清潔さ、仕切りとなる壁の厚みなど細かい部分は自分の目でチェックして判断するほかありません。
キッチンなどが汚く使われていたり、壁が薄かったりすると生活のストレスや不便に直結しますので、実際の暮らしをイメージしつつ見学を行いましょう。

家具家電は基本的に不要

多くのシェアハウス物件では、家具家電が備えつけになっています。そのため、自分でわざわざ持ち込みをする必要はありません。また、物件によっては布団やベッドなども用意してもらえることもありますから事前に確認しましょう。
しかし、その他の日用品に関しては自分で持って行く必要があります。タオルや歯ブラシ、ドライヤーなど細々とした物は用意しなければいけないものの、大型の道具はあらかた用意されているため、カバン一つで引っ越してくることも可能です。

荷物はコンパクトに

あれもこれも持って行きたくなることもあるかもしれませんが、シェアハウスの場合はあまり荷物を増やさない方が良いと言えます。収納場所は個別に用意されているものの、スペースとしてはあまり広くありません。
部屋自体の広さも一人暮らしサイズのため、物を置いてしまうと手狭になってしまう可能性が高いです。できるだけ最小限の荷物で済ませた方が不便になりにくく、引っ越しの際にも費用を掛けずに済みます。また、もし自分に合わないと感じた時にも荷物が少なければ、すぐに引っ越すことができます。

今話題のソーシャルアパートメントとは?

ソーシャルアパートメントという言葉をご存知でしょうか?一見シェアハウスと似ているように思えますが、実は異なる部分がとても多いです。
ここではソーシャルアパートメントならではの特徴やメリットなどについてご紹介します。

シェアハウスにはないソーシャルアパートメントならではの特徴

ソーシャルアパートメントとは広々としたキッチンやリビング、ラウンジなどの入居者が利用できる共用スペースとプライベートを確保できる個室のある住まいのことです。
一軒家で数名が暮らすシェアハウスに対し、 ソーシャルアパートメントは30〜100人と規模が大きく、またエントランスから自分の部屋へ向かうときには共用部分を通らなくても行ける設計になっているので、プライバシーもしっかりと配慮されています。
その他にもシェアハウスにはない特徴がたくさんあり、例えば、掃除についてもシェアハウスは入居者が当番制でゴミ出しや掃除をすることが多いのに対し、ソーシャルアパートメントではそれらを貸主が行うため、入居者間でトラブルになることはまずありません。
その分、賃料はシェアハウスより高めであることが多く、物件によってはワンルームより高いことや初期費用として敷金・礼金が必要な場合もあります。

ソーシャルアパートメントに住むメリット

ソーシャルアパートメントに住むメリットはしっかりとプライベートを確保しつつ、住人との交流が楽しめるということです。
一人暮らしで寂しさや孤独感を感じているけど、シェアハウスはキッチンやお風呂、トイレを自由に使えなくて不便そう、あるいは一人の時間が全くないのはストレスが溜まりそうと考えている人にはソーシャルアパートメントがオススメです。
その他のメリットとしては、共用スペースには一人暮らしではなかなか手にすることが難しい大型のテレビや数十万円もするソファなどの豪華な家電や設備が揃っています。
その他にも、ヨガスタジオやミュージックルーム、屋上テラスなど分譲マンションのような設備を持つ物件もあるため、日々の暮らしが充実することは間違いないでしょう。

どんな人が入居してるの?

年齢層は20代から30代、また社会人1年目から10年目の人が最も多いです。
フリーランスのライターやベンチャー企業の経営者、モデルとして活躍中の方、鉄道会社や大手百貨店の社員など、普通に生活していたら出会えないほどの様々な職種の人が入居しています。
自身とは異なる職種の人とお話しできるというのはとても貴重なことです。
また女性専用の物件はなく、男女比は1:1の物件が多いため、良い出会いが期待できるのもソーシャルアパートメントならではと言えるでしょう。

学生がシェアハウスを利用するメリットは?デメリットもチェック!

ルームシェアという暮らし方を選択する学生も増えていますが、どのような部分にメリットを感じて選ばれているのでしょうか。
一方で予め知っておきたいデメリットもあります。良し悪しを踏まえた上で選択をしないと、部屋選びで失敗してしまう可能性がありますから確認していきましょう。

メリット1:経済的なのが嬉しい

学生にとって家賃は大きな負担になる存在です。そうした負担をリーズナブルに抑えられるのがシェアハウスのメリットです。
一般の賃貸物件と比較しても安く住めるケースが多く、生活費に余裕が持てない学生にとって助かるでしょう。
また、生活に必要な道具も揃っていますので自分で購入する必要もありません。さらに契約のための初期費用も安く済むため、入居に際しての負担も抑えられます。

メリット2:交流の幅を広げられる

シェアハウス物件には色々な人が住んでいます。性別も年齢も時には外国の人が住んでいることもありますから、幅広い人たちとの交流が持てるのはメリットの一つと言えます。例えば、社会人との交流が生まれることで就職活動の参考にすることもできますし、異性や外国人などと触れ合うことで価値観が広がるきっかけにもなるでしょう。
また、様々な人たちとの共同生活を通して、コミュニケーション能力も鍛えられます。これからもずっと必要になる人付き合いの能力を生活を通して自然と高めていけるのです。

メリット3:ホームシック対策になる

学生の中にはホームシックに陥る人も少なくありません。初めての一人暮らしに馴染めず、情緒不安定になるケースもあるほどです。
一人の生活に不安がある人にもシェアハウスは有意義な存在と言えます。人の気配を感じながら生活ができ、寂しくなったら共同スペースであるリビングで会話を楽しむといったことも可能です。

デメリット1:勉強に集中できない

デメリットの一つ目として、勉強に集中できない可能性があります。どこでも勉強ができる人なら問題ないかもしれませんが、人の気配がすると集中できないという人からすると辛い環境となるでしょう。
個室が用意されている物件もあるとは言え、薄い壁で仕切られているだけということもあり、生活音が聞こえてくることもあります。なかなか勉強の環境を整えられず、それが大きなストレスになることも考えられるでしょう。

デメリット2:人を呼べない

物件によっては、住人以外は入れなくなっているのもデメリットと言えるでしょう。学生の頃は自分の家に友達や恋人などを呼んで楽しい時間を過ごすというケースも多いですが、シェアハウスの場合はそれができない可能性があります。
他の学生は友達同士などでワイワイ楽しく生活を謳歌している中、自分は見ず知らずの他人と一緒に暮らしている現実にどこかギャップを感じるかもしれません。