学生がシェアハウスを利用するメリットは?デメリットもチェック!

ルームシェアという暮らし方を選択する学生も増えていますが、どのような部分にメリットを感じて選ばれているのでしょうか。
一方で予め知っておきたいデメリットもあります。良し悪しを踏まえた上で選択をしないと、部屋選びで失敗してしまう可能性がありますから確認していきましょう。

メリット1:経済的なのが嬉しい

学生にとって家賃は大きな負担になる存在です。そうした負担をリーズナブルに抑えられるのがシェアハウスのメリットです。
一般の賃貸物件と比較しても安く住めるケースが多く、生活費に余裕が持てない学生にとって助かるでしょう。
また、生活に必要な道具も揃っていますので自分で購入する必要もありません。さらに契約のための初期費用も安く済むため、入居に際しての負担も抑えられます。

メリット2:交流の幅を広げられる

シェアハウス物件には色々な人が住んでいます。性別も年齢も時には外国の人が住んでいることもありますから、幅広い人たちとの交流が持てるのはメリットの一つと言えます。例えば、社会人との交流が生まれることで就職活動の参考にすることもできますし、異性や外国人などと触れ合うことで価値観が広がるきっかけにもなるでしょう。
また、様々な人たちとの共同生活を通して、コミュニケーション能力も鍛えられます。これからもずっと必要になる人付き合いの能力を生活を通して自然と高めていけるのです。

メリット3:ホームシック対策になる

学生の中にはホームシックに陥る人も少なくありません。初めての一人暮らしに馴染めず、情緒不安定になるケースもあるほどです。
一人の生活に不安がある人にもシェアハウスは有意義な存在と言えます。人の気配を感じながら生活ができ、寂しくなったら共同スペースであるリビングで会話を楽しむといったことも可能です。

デメリット1:勉強に集中できない

デメリットの一つ目として、勉強に集中できない可能性があります。どこでも勉強ができる人なら問題ないかもしれませんが、人の気配がすると集中できないという人からすると辛い環境となるでしょう。
個室が用意されている物件もあるとは言え、薄い壁で仕切られているだけということもあり、生活音が聞こえてくることもあります。なかなか勉強の環境を整えられず、それが大きなストレスになることも考えられるでしょう。

デメリット2:人を呼べない

物件によっては、住人以外は入れなくなっているのもデメリットと言えるでしょう。学生の頃は自分の家に友達や恋人などを呼んで楽しい時間を過ごすというケースも多いですが、シェアハウスの場合はそれができない可能性があります。
他の学生は友達同士などでワイワイ楽しく生活を謳歌している中、自分は見ず知らずの他人と一緒に暮らしている現実にどこかギャップを感じるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です