今話題のソーシャルアパートメントとは?

ソーシャルアパートメントという言葉をご存知でしょうか?一見シェアハウスと似ているように思えますが、実は異なる部分がとても多いです。
ここではソーシャルアパートメントならではの特徴やメリットなどについてご紹介します。

シェアハウスにはないソーシャルアパートメントならではの特徴

ソーシャルアパートメントとは広々としたキッチンやリビング、ラウンジなどの入居者が利用できる共用スペースとプライベートを確保できる個室のある住まいのことです。
一軒家で数名が暮らすシェアハウスに対し、 ソーシャルアパートメントは30〜100人と規模が大きく、またエントランスから自分の部屋へ向かうときには共用部分を通らなくても行ける設計になっているので、プライバシーもしっかりと配慮されています。
その他にもシェアハウスにはない特徴がたくさんあり、例えば、掃除についてもシェアハウスは入居者が当番制でゴミ出しや掃除をすることが多いのに対し、ソーシャルアパートメントではそれらを貸主が行うため、入居者間でトラブルになることはまずありません。
その分、賃料はシェアハウスより高めであることが多く、物件によってはワンルームより高いことや初期費用として敷金・礼金が必要な場合もあります。

ソーシャルアパートメントに住むメリット

ソーシャルアパートメントに住むメリットはしっかりとプライベートを確保しつつ、住人との交流が楽しめるということです。
一人暮らしで寂しさや孤独感を感じているけど、シェアハウスはキッチンやお風呂、トイレを自由に使えなくて不便そう、あるいは一人の時間が全くないのはストレスが溜まりそうと考えている人にはソーシャルアパートメントがオススメです。
その他のメリットとしては、共用スペースには一人暮らしではなかなか手にすることが難しい大型のテレビや数十万円もするソファなどの豪華な家電や設備が揃っています。
その他にも、ヨガスタジオやミュージックルーム、屋上テラスなど分譲マンションのような設備を持つ物件もあるため、日々の暮らしが充実することは間違いないでしょう。

どんな人が入居してるの?

年齢層は20代から30代、また社会人1年目から10年目の人が最も多いです。
フリーランスのライターやベンチャー企業の経営者、モデルとして活躍中の方、鉄道会社や大手百貨店の社員など、普通に生活していたら出会えないほどの様々な職種の人が入居しています。
自身とは異なる職種の人とお話しできるというのはとても貴重なことです。
また女性専用の物件はなく、男女比は1:1の物件が多いため、良い出会いが期待できるのもソーシャルアパートメントならではと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です