シェアハウスの物件の見極めや持ち物の内訳

快適なシェアハウス生活を送るためには、物件選びで失敗しないことが大切です。どのようなポイントをチェックすれば良いのかを予め知っておくようにしましょう。
そして、いざ入居する際の持ち物についての考え方も解説していきます。

優先順位を整理しておく

どのようなシェアハウスを選ぶと良いかは人によって異なります。家賃などのコスト面、立地、設備など大事にしたい部分はそれぞれありますが、まずは優先順位をきちんと整理しておくようにしましょう。
全てがパーフェクトな物件と出会うことはなかなか難しく、ある程度の妥協が求められることもあります。しかし、自分が一番重視したい部分さえ叶えられていれば、満足度もそれなりに高まるはずです。
希望を曖昧にしたままで選ぶと失敗しやすくなりますので注意が必要です。

ルールの内容をチェック

シェアハウスは複数人の住人が共同で住む物件ですが、それゆえにお互いが快適に暮らすためのルールが設けられていることがあります。
例えば、住人同士の挨拶は必須、騒音の観点から夜遅くの入浴は禁止、友人などを呼ぶ際には事前報告が必要など通常の一人暮らしにはないルールを守らなければなりません。利用者の快適性を考えた上での決まり事でもあるため、厳しくルールが設定されていた方が良いこともありますが、自由度が少なくストレスに感じることも考えられます。
自分はきっちり守って生活できそうか、よく詳細を確認して判断することが大切です。

見学で実際の雰囲気を見ておく

気になる物件があっても即契約はしないように気を付けましょう。実際に物件を見なければ分からないこともあります。
家電家具のランクや共用部の清潔さ、仕切りとなる壁の厚みなど細かい部分は自分の目でチェックして判断するほかありません。
キッチンなどが汚く使われていたり、壁が薄かったりすると生活のストレスや不便に直結しますので、実際の暮らしをイメージしつつ見学を行いましょう。

家具家電は基本的に不要

多くのシェアハウス物件では、家具家電が備えつけになっています。そのため、自分でわざわざ持ち込みをする必要はありません。また、物件によっては布団やベッドなども用意してもらえることもありますから事前に確認しましょう。
しかし、その他の日用品に関しては自分で持って行く必要があります。タオルや歯ブラシ、ドライヤーなど細々とした物は用意しなければいけないものの、大型の道具はあらかた用意されているため、カバン一つで引っ越してくることも可能です。

荷物はコンパクトに

あれもこれも持って行きたくなることもあるかもしれませんが、シェアハウスの場合はあまり荷物を増やさない方が良いと言えます。収納場所は個別に用意されているものの、スペースとしてはあまり広くありません。
部屋自体の広さも一人暮らしサイズのため、物を置いてしまうと手狭になってしまう可能性が高いです。できるだけ最小限の荷物で済ませた方が不便になりにくく、引っ越しの際にも費用を掛けずに済みます。また、もし自分に合わないと感じた時にも荷物が少なければ、すぐに引っ越すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です