都内でシェアハウスが多いエリアの特徴・魅力とは?

シェアハウスは一人暮らしよりも手頃な価格で環境の良い場所に住めるというメリットから需要が増え続けています。都内でもエリアによってシェアハウスの件数・個室数は大きく異なるといった特徴があります。
今回は、都内でシェアハウスが多く建てられているエリアの特徴や魅力をご紹介します。

最もシェアハウスが多いのは足立区!

都内で最もシェアハウスが多いエリアは足立区です。23区内で1~2位を争う家賃相場の安いエリアとしても高い知名度を誇ります。
足立区内にはJRや東京メトロ等の8路線の鉄道が通っていて、23区だけではなく埼玉県や茨城県といった北関東近郊のエリアにもスムーズに移動出来る良好な交通アクセスが魅力として挙げられます。
主要駅である北千住駅は5路線が乗り入れるターミナル駅で、1日の平均乗降人員が約150万人と平日・休日を問わず多くの人で賑わっています。
また、足立区は23区内ではベッドタウンとしての需要が高く、区内の住宅街の中にはスーパーやコンビニといった店舗から教育機関まで生活に必要な環境が揃っている暮らしやすいエリアとなっています。

都内最大の人口を誇る世田谷区にもシェアハウスは多い!

足立区に次いで、シェアハウスが多くあるのが世田谷区です。人口が約90万人と23区で最も人口が多いエリアになっています。
世田谷区は屋外プール・テニスコート等のスポーツ施設や実物のD51蒸気機関車が設置されている世田谷公園、700本の梅の木が植栽されている羽根木公園といった都内でも屈指のお出かけスポットが点在している良好な自然環境が魅力です。
また、有名大学・高校が複数ある教育機関が充実しているエリアとしても有名で、大学に通うために世田谷区でシェアハウスを借りている学生も多くいます。
北関東に近い足立区とは反対に、神奈川県と接している世田谷区は京王電鉄や小田急電鉄が通っていて、横浜エリアへの移動がしやすくなっています。

23区で最も新しい練馬区もシェアハウスの人気エリア!

都内23区で3番目にシェアハウスが多いエリアが練馬区です。首都圏の「住んで良かった街ランキング」で、近隣のエリアを抑えて10位にランクインした住みやすさが魅力となっています。
日本アニメ発祥の地や日本一のアニメ企業集積地でもあり、練馬区が舞台になったアニメ作品や実写映画・ドラマが多く存在します。もちろん他の区と同様に交通環境も抜群で、西武鉄道や東京メトロの複数の路線が乗り入れていることからストレスを感じることなく、都心のオフィス街・繁華街へ移動することが可能です。
また、練馬区は犯罪発生率が23区内で5番目に低い治安の良いエリアとなっているため、女性の方でも安心して暮らせる点も人気の理由です。